お見合いサイトのプロフ戦略③~自己紹介文で最低限必要な3つのポイント

お見合い プロフ

お見合いサイトなど登録する時に1番頭を悩ますのがプロフィールの中でも自己紹介文です。

まず文章量や口調ですが、
文章は長すぎず、短すぎず。

はじめと終わりの挨拶&自分の仕事や趣味を数行でまとめて
おく程度で大丈夫です。自分で読み返してスッと読めるくらいならOK。

また、口調はあまり堅すぎる必要はないですが、
タメ口より「です・ます調」の口語体が無難です。

そして、前提として紹介文を書くスタンスについてですが、

  • 写真&条件良い人⇒マイナスにさえならなければOK
  • 写真&条件悪い人⇒差別化が必要

役割としては写真&条件で受けが良い人にとっては、
ここでマイナス評価をもらわなければメールのやりとりは
開始することができます。

やりがちなのは人と違う個性を出しすぎようとして
裏目に出るパターン。

逆に、写真や条件面で反応が良くないと自分で思う方は
みんなと同じような紹介文では印象に全く残らなくなります。

写真&条件によって、
紹介文のスタンスが変わってくるので注意したいところです。

そして、自己紹介文の書き方についてですが、
ここでは性別や個人差にあまり関係なく共通するポイントだけ
3点ほど書いておきます。

最低限気をつける3つのポイント

自己紹介文を書く上で内容で最低限気をつけておきたいのは、

  • ネガティブな表現を避ける
  • 極力具体的に
  • ガツガツ感&要求を出さない

この3つが最低限大切な男女共通のポイントになります。

ネガティブ表現を避ける

お見合い ネガティブ発言

無理にポジティブ感を出す必要はないですし、
大きく嘘を書く必要もありませんが、
ネガティブな発言は絶対に避けましょう。

「休日は家にいて外には出ずに毎日ゲームをやってます」
「友達いないのでほとんど飲みに行くことはないです」
「35年間今まで誰とも付き合ったことないです」

etc…

冷静に考えればそんな人とと付き合いたいどころか
会いたいと思う人は滅多にいません(苦笑)

ですが、ネットでは書いてしまってる人が結構います。

実際に友達いなくてお休みも家で過ごしてばかりだとしても、
それをわざわざ直球で言う必要はないです。

もちろん「毎日友達と遊んで、来月は海外に旅行します!」など
嘘を書く必要はなく要は「見せ方」の問題です。

「お休みはあまり友人と会うよりは一人で近所のお気に入りのカフェで読書などして過ごす方が好きです」

こう書くほうがどう考えても好印象だと思いませんか^^;

覚えておいて欲しいのは大半の人は

「わざわざモテない人とは会いたくない」

これが大原則です。

極力具体的に

具体的なプロフ

よく自己紹介文で見るのが

「社交的といわれます」
「誠実さが売りです」
「面白いねって言われます」

などなど、自身の特徴を単語で現すことが多いです。

ですが、普段人とあった時に

「僕、誠実って言われるんです」

っていいますか?

どう考えても不自然だし「はぁ…」って感じですよね。

ただ、ネットだとやってしまいます。
基本、ネットも実際に会って話すのも原則同じです。

仮に誠実さをアピールしたいのであれば
具体的に誠実なエピソードで書いてください。

誠実という単語を使わずに読んだ人が
「あぁ、この人誠実そう」って思う
ストーリーを書くほうがはるかに信用度が増します。

ガツガツ感&要求しない

ガツガツしない

「ガツガツ感」はネガティブ発言とつながるんですが、
要は「誰でもいい感じ」を出さないということです。

よくネットの自己紹介文で見るのが

「とにかく職場に全く出会いがないので…」
「年齢とか婚姻歴も気にしませんっ!」

など、一見良いことを書いてる感じなんですが、
大原則として

「モテない人はいや」

なんです。

ある程度身の回りに異性もいて遊びに行ったりすることもあるけど、
なかなかコレという人がいない、
恋人まで発展しないという感じのスタンスが望ましいです。

また、「要求しない」というのは
これもよくネットお見合いサイトの自己紹介で見かけるんですが、

「25歳以上の人はお断りです」
「平日の夜に会える方のみ限定でお願いします」

など、条件を極端に絞ってるパターンです。

これも一見、ターゲットを絞った間違った書き方ではないように見えますが、
あまり極端に強く「25歳以下限定」など書くと、
25歳以下の人もこなくなる可能性があります。

要は印象が悪いんです。

ですから、どうしても譲れない条件があるならもっと広めに出して
自分で後々絞り込む方が結果的にはうまく25歳以下の人とも
会える可能性が高くなるということです。

他にも細かいことを言うといろいろとあるんですが、
個人的に改善したことで反応率が上がった書き方なので
良かったら参考にしてみてください。

メール編はこちらから

写真編はこちらから

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

実際に使って良かったお見合いサイトランキング!

「使いやすさ」「会員数の多さ」「新規会員の入会頻度」「料金」などを踏まえて、私が実際にお見合いサイトを利用した感想を元に総合的に評価した独断と偏見のランキングです!

Yahooパートナー

Yahooパートナー全年齢層、全地域にオススメ

国内最大級の会員数と女性は完全無料で男性も割安で使える婚活サイトということで総合的に見て全世代、全地域にオススメ出来る婚活サイトです。

個人的には地方まできっちり会員が行き渡り、新規会員も適度に入会してくる婚活サイト(恋活ではなく)はYahooパートナーだけだと思っています。

女性は無料利用できますので、登録しておいて損はないでしょう。

 

pairs(ペアーズ)

pairs ペアーズ今、1番アツい恋活アプリ

サービス開始からすでに5年が経ちましたが会員数も600万人超えの今、1番注目かつアツい恋活アプリです。

facebookアプリでスマホユーザーが多いことから一般的な婚活サイトよりも若い世代が目立つことと、婚活というよりは恋活・お友達探し感覚の男女が多いです。

ただ、個人的にはびっくりするくらいのイケメン&可愛い子が多数!

女性無料なので登録しておくとイイと思いますよ♪

 

マッチドットコム

マッチドットコム世界で使われている恋愛マッチングサイト

世界で最も有名な恋愛マッチングサイトがこのマッチドットコムです。

そのせいもあってか外国の会員の方も多いのが特徴的です。

会員数も国内だけで200万人近くいますし、30代中心の男女が多いのでマッチング率が高く、ペアーズなどの恋活サイトでうまくいかなかった会員もマッチドットコムでは出会いが増えるなどの報告もあります。

マッチドットコムは男女有料制ですが、会員検索や最初のメッセージの送受信は無料ですので登録しておきましょう♪

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び抜群の知名度とブランド力

なんといってもやはりゼクシィというブランド力と抜群の知名度で特に女性からの信頼が厚いのがこちらのゼクシィ縁結びです。

サービス開始間もない頃は会員も少なくて地方に住んでいる人にはお勧めできませんでしたが、やっと会員数も増えてきて全地域の人におすすめできるようになりました。

男女有料制ですので真剣度の高い会員が多く、マッチング率が高いのが特徴です。

お見合いサイトの中では写真の掲載率が高いのも好印象ですね。

ユーブライド

ユーブライド全年齢層、全地域にオススメ

国内最大級の会員数と無料会員でも条件付きでメールのやりとり可能ということで総合的に見て全世代、全地域に対応できるお見合いサイトではあります。

また、男性が無料で使える可能性があるのもユーブライドくらいでしょうか(有料会員からの申し込みには無料会員でもメッセージ交換が自由の為)。

男性はともかく、女性は無料利用が十分可能ですので、登録しておいて損はないでしょう。