興味あり

基本的には前回と前々回お話したことを参考に
メールをしていってもらえるといいかと思います。

前回の記事はこちら

おそらく早めの段階で相手が自分に興味があるかないか、
優先順位が高いか低いかはなんとなくわかると思います。

メールの返信の早さ、内容、文章量などで
およその検討はつきます。

早い段階で相手に興味があると判断した場合

少なからず相手が自分に興味があると感じた場合に1番大切なことは

「とにかくミスをしないことを心がける」

個性を出そうとかホームランを狙おうとしないほうが良いです。
基本的には興味を初期段階で持ってるということは
写真やプロフで相手にとって魅力があったわけです。

であれば、そのキャラクターを通した方が良いです。

前回話した基本的なメールの進め方はもちろん、

「ネガティブな発言をしない」
「プライベートなことに突っ込まない」
「質問攻めしない」

などなど。

オフラインの世界で人と会話するときと同じ常識あるルールを守ることです。

基本的にはメールのやりとりが増えれば
相手の警戒心は取れていくものです。

あとは、相手の興味ある話題を見つけたらそこを膨らませて
いろいろ教えてもらったり、認めて上げることです。
そして、話が盛り上がった時に、
LINEのID、またはメアドを聞いてしまったほうがいいです。

興味がある相手からであれば、
基本的にメアドやLINEのやりとりを嫌がられることはあまりないです。

むしろ、聞くべき時に聞くことが相手への心遣いです。

相手が興味がない場合

メールは何通かやりとりはできているが、
相手からの自分への興味を全く感じない場合ってあると思います。

というより、むしろ多いかなと思います。

そういった場合でも基本的には
「ミスしないで少しずつポイントを加算していくこと」

これが基本戦略です。

とりあえずメールが続く状況であれば、
他の男性ライバルが勝手にミスして沈むことで
自分の優先順位が上がる可能性もありますし、

相手も始めは警戒していますが、
徐々に親近感が湧いてきて興味を持ってくれる可能性もあります。

また、ピンポイントで相手のツボをつくような話題ができて
優先順位が逆転するケースもありえます。

ただ、そういった良い展開もなく
ただただ、メールだけが続いてるケースですが、

そこは勝負に出るしかないです。

思い切ってキャラクターを変えてみるのも良し、
ぶっちゃけて突っ込んだ話を聞いてみるのも良し。
話題面で大きく方向転換してみることをオススメします。

※勝負=デートに誘うとかではないです^^;120%玉砕しますから。

それでも反応変わらないなら、
個人的にはあまり時間をかるのは無駄だと思います。

女性の中にはただ暇つぶしでやってる女性も多いですし、
常に補充しながら大勢の男性とメールしてる人も少なくないです。

また、そもそも会う気がない女性や、
自分からメールをやめられないだけの女性もいます。

いずれにしろ、他にも女性はいるのでさっさと次に進んだ方がいいです。

あと、意外とやっていて多いのは
LINEのIDまで聞いてやりとりはできるけど、
会えない人ってたくさん過去にいましたね^^;

要はメアドやLINEのID教える抵抗がただないだけの子って結構いるんですね。

 

 

実際に会える女性の共通点とは?

誘惑

結局、個人的にいろいろお見合いサイトを利用して
何十人という女性と会ってお食事したりする機会をいただけましたが、
結局のところ共通する部分ってのがあります。

それは、初期段階からある程度、自分に大して興味を持っていてくれていた女性であること。

身も蓋もないようですが、
始めの段階で非常に反応が良かった女性と結局会って、
反応が悪かったのに途中から逆転したケースって数えるほどしかないです。

それだけに、写真&プロフというものの重要性が問われるわけです。

そして、自分に興味があるかどうかを測る1番確実で簡単な方法があります。

それは、

「自分のパーソナルな部分について質問してくるかどうか」

これだけです。

職業とか休日が土日かとかそういうのはダメですよ^^;
それはメールの会話の流れで社交辞令的に質問を返してくれたりする女性も多いですので。

そうではなく、

「今まで1番長く付き合った人は?」
「お休みの日にどこのエリアで遊んだりする?」

など、その人自身に興味がなければ聞く必要がないような
パーソナルに関わる質問をしてきた場合です。

この場合は少なからずアナタに興味があります。
その頻度が多ければ多いほど興味があります。

そのサインが出たら具体的な会う日時を切り出しても
余程乱暴な切り出し方をしなければ、
容易に会うことは出来ると思います。

プロフ編はこちらから

写真編はこちらから